世代を超えて残る家 OMOI

伝統工法を継承した家造りへの想い

近年、古民家再生ということで、古民家のリフォームやリノベーションが流行しています。
再生されている多くの古民家は築70年以上、古いもので100年、130年、中には200年近く家としてその姿を残してきた古民家もあります。
これらの古民家はなぜそのような長い年月を、家として存在することができたのでしょうか?

それは、日本の四季を耐えてきた自然の材料を、古くは平安時代より以前から伝えられてきた伝統の技術と工法でつくられてきたからなのです。
現代の日本は、当然のように化学物質を大量に使い工場で量産される建材で、簡単に家が建つ時代になりました。
日々新しい機能の建材が開発され、物が溢れ、選びにくくなっている現代。だからこそ、伝えていきたい本物の「想い」があります。

自由設計の可能な工務店だからこそ、こだわり抜いた材料や工法で、次世代に繋ぐ長く残る家を造ることが可能です。

img-1150x380-_omoi

 受け継がれる技、木造伝統工法で100年残る家をつくる

omoiimg
※皆建のモデルハウス「栄螺ハウス」
 

皆建では、国産の無垢材にこだわった木の家をつくっています。木は生き物のため1本1本に個性があります。
年月を経て出てくる反り、四季を通して繰り返す膨張と伸縮。それらを想定しながら適した場所に適した材料を配し、
微妙な加減を調整しながら加工を施し、木を組んでいく技が木造伝統工法です。

受け継がれる伝統の工法は、継承された知識と経験を持つ大工にしか再現することができません。
材料と技が揃った時に柱や梁の1本1本がまるで人と人とが手をつないで力を合わせるように、私たちの暮らしを支えてくれるのです。
お客様の声はもちろん、空の声、海の声、風の声、木の声・・・、あらゆることに耳を傾けてつくるその土地に合った家こそが、
100年残る家、長く家族の「想い」を残していく家なのです。

 安心安全の自然素材、国産・新潟の無垢材を使用します

img-1150x380-_new02

omoiimg1
omoiimg2
omoiimg3

夏の暑さに耐え、冬の寒さに耐え、晴れの日も、雨の日も、雪の重みにも耐え、
ただただ、そこに生きてきた木だからこそ、つくれる家があります。
小さな芽を出したその日から厳しい自然環境に耐え、ゆっくり、じっくりと育ち立ち続ける木。

毎日陽の光を浴びながら、また呼吸をしながら、その土地の気候の中で育っていくことで木はその土地を知り尽くします。
家も同じです。その土地で空気を循環しながら調湿をしたり、膨張をしたり、縮んだりを繰り返して建ち続けます。
そのため、土地を知りつくした木でつくる家が、丈夫で長持ちをすると私たちは考えているのです。

無垢材はもちろん、漆喰の壁など、家のほとんどを自然素材でつくることも、当社では推奨しております。
自然素材で造る家は、室内の空気の綺麗さを感じることができます。
安心安全を極めた家を造りたい、そのようなご要望があれば是非ご相談ください。

構造材、下地材も無垢を使用し、内装すべて自然素材を使っています。少しでも害のあるものは使ってません。

素材厳選住宅
構造材、下地材共に構造用合板は一切使用せず全て無垢材仕様。床の無垢材の接着に使う糊は石炭やカゼインから作られる天然糊。
子供室などの塗り壁は優しい色合いのブルーやグレー、それは土からとれる成分ベンガラ。タイルの接着も下地に使うパテも厳選した自然素材からなるもの。一枚の欅の無垢板から造った階段の段板や、建具、テーブル、造付けの椅子、天井からクローゼットの棚板一枚まで一切、集成材を使わずに職人さんが仕上げました。

素材を厳選した住宅は新潟市北区にございます。
こちらのお宅は、お電話でご予約頂けましたら見学が可能です。( 0254-43-5849 皆建 )

自然素材のモデルハウスを体感してください

これまでたくさん私たちのこだわりをお伝えしてきましたが、やはり百聞は一見にしかず!
実際の材料の質感などは、本物を見ないとわかりませんよね?
是非、伝統木工法で造るモデルハウスを見学にいらしてください。
皆建のホームページを見てくださったお客様とお会いできる日を、心よりお待ちしております。

見学のお問い合わせ

※皆建のモデルハウス「栄螺ハウス」

家族を育む木造住宅 MIRAI

PAGE TOP