皆建 緑化事業部

>>防草緑化一体化シートについて

>>防草緑化一体化シート施工事例

>>各種イベント

>>スナゴケの種

道路緑地帯用 防草緑化一体化シートについて

防草緑化一体化シートとは

防草緑化一体化シートは道路脇や分離帯、道路緑地帯などで雑草を出さずに緑化をする、防草と緑化の機能を兼ね備えたシートです。現状の緑地帯の上でも簡単に施工でき、多少の凹凸面も水たまりがなければ敷設が可能です。また、従来の防草シートは敷いても紫外線や天候による劣化が激しいため、シートの隙間からすぐに雑草が生えてしまいますが、当社の防草緑化一体化シートにはスナゴケを使用しており、表面のスナゴケが繁殖することで紫外線を軽減、従来の防草シートより1.5倍~2.5倍程度長持ちします。毎年の雑草のメンテナンスコストと手間を削減、シートの長期利用も可能なことから経費削減にも繋がります。

平成27年度「Made in 新潟」技術登録/土木部門:27D1003 商品名:防草緑化一体化シート
平成28年度 実用新案登録 第3207751号 考案名称 苔を用いた防草緑化一体化シート
平成30年度 国土交通省 新技術情報提供システム(NETIS[ネティス])登録 HR-180001-A 新技術名称 防草緑化一体化シート

防草緑化一体化シートの特徴

  1. 基盤に防草シートを使用しているため、防草シートが雑草の発生を抑制し、スナゴケが生育することで、防草と緑化を同時に行います。
  2. スナゴケが生育することで紫外線が通りにくく、基盤である防草シートの劣化防止につながり、防草効果を延ばします。
  3. 防草シート上でスナゴケが生育するため、既設コンクリートの上にも施工することが可能です。
  4. スナゴケは自然の雨水で緩やかに成長します。施肥、刈込が不要。フリーメンテナンスで成長していきます。
  5. 長さは1mから最大25mと長尺化されており、現場の形に合わせて加工することも可能です。

スナゴケとは?

皆建が使用している苔はエゾスナゴケと言い、エゾスナゴケは【ギボウシゴケ科シモフリゴケ属】に分類され、学名はRacomitrium japonicum(ラコミトゥリウム ヤポニクム)になります。乾燥時は葉を丸め休眠状態となっていますが、保水した状態になると葉を広げ、星状の形になるのが特徴的な苔です。乾燥に強く、砂地や日当りの良い場所を好んで生息している苔です。
                 

こんな場所では特に高い効果を発揮します

交通量の激しい中央分離帯・緑地帯で除草作業員の安全確保ができず、除草困難な場所。
管理地が多く、除草作業の対応に追われて毎年費用や手間がかかる場所。
変則交差点等、雑草が伸びる事で視界不良による交通障害をもたらす様な場所。
歩道の緑地帯、横断歩道近くの緑地帯等、園児達の通学路となっており、雑草の伸びている場所。

草だらけ

PAGE TOP