緑化事業 防草緑化シート / Moss.G.mat

>>防草緑化シートについて
>>Moss.G.matについて

道路緑地帯用 防草緑化一体化シートについて

新潟の緑地帯の防草、緑化なら皆建のモスマット

防草緑化一体化シートとは

防草緑化一体化シートは道路脇や分離帯、道路緑地帯などで雑草を出さずに緑化をする、防草と緑化の機能を兼ね備えたシートです。現状の緑地帯の上でも簡単に施工でき、多少の凹凸面も水たまりがなければ敷設が可能です。また、従来の防草シートは敷いても紫外線や天候による劣化が激しいため、シートの隙間からすぐに雑草が生えてしまいますが、当社の防草緑化一体化シートにはスナゴケを使用しており、表面のスナゴケが繁殖することで紫外線を軽減、従来の防草シートより1.5倍~2.5倍程度長持ちします。毎年の雑草のメンテナンスコストと手間を削減、シートの長期利用も可能なことから経費削減にも繋がります。また、スナゴケは乾燥に強く環境適応能力が高いため枯れにくいのも特徴の一つ。さらに車の排気する二酸化炭素を酸素に変換する性質を持つため、地球温暖化対策としても有効です。

平成27年度「Made in 新潟」技術登録/土木部門:27D1003 商品名:防草緑化一体化シート
平成28年度 実用新案登録 第3207751号 考案名称 苔を用いた防草緑化一体化シート
平成30年度 国土交通省 新技術情報提供システム(NETIS[ネティス])登録 HR-180001-A 新技術名称 防草緑化一体化シート

防草緑化シートが持つ5つの特徴

  1. 基盤に防草シートを使用しているため、従来通りにどこにでも施工する事ができます。防草と緑化を兼ね備えており、防草緑化促進になります。
  2. 苔の層を作る事で、紫外線が通りにくく、基盤である防草シートの劣化防止につながります。
  3. ネットで覆うことで、雨風による苔の飛散防止につながります。
  4. スナゴケは雨水で緩やかに成長します。水やりや肥料等を与える必要がなく、フリーメンテナンスで成長します。
  5. 一般に植物はCO₂(二酸化炭素)を吸収します。ただ根や落葉による腐食でCO₂を放出するのですが、苔は腐食しても炭泥化することでCO₂を放出する事がないとされている為、CO₂削減に役立ちます。

スナゴケについて

皆建の防草緑化シート

スナゴケの特徴

  • 直射日光に強い
  • 肥料が要らない
  • 自然降雨のみで生存
  • 乾燥に強い
  • 気温適応能力が高い
  • CO₂を固着

日本国内だけでも2千5百種類あるといわれている苔ですが、その中でも、スナゴケ(日向用)は乾燥や強風、温度に影響されずに繁殖を形成することができます。また、土壌を必要とせず、コンクリートのような無機質な基盤の上でも生育可能です。水分が得られない状況では自らを休眠状態とし、生命を維持する事が可能、再び水分を補給すると生命活動を開始するなどの優れた環境適応能力を持っており、更に-20度から70度まで生息が可能と言われています。凍ったり、雪に埋もれても死ぬことはありません。必要水分及び養分は自然の空気中から吸収し、又CO₂(二酸化炭素)も吸収するが排出はしないとされています。CO₂を体内に蓄積されたまま徐々に泥炭化していきます。 スナゴケは自重の20倍の保水力があり、蒸散効果に非常に優れています。自然の降雨のみで成長していくため、肥料や水やりが必要ありません。非常に緩やかに成長していくため刈込の必要もありません。

こんな場所では特に高い効果を発揮します

  1. 交通量の激しい中央分離帯・緑地帯で除草作業員の安全確保ができず、除草困難な場所。
  2. 管理地が多く、除草作業の対応に追われて毎年費用や手間がかかる場所。
  3. 変則交差点等、雑草が伸びる事で視界不良による交通障害をもたらす様な場所。
  4. 歩道の緑地帯、横断歩道近くの緑地帯等、園児達の通学路となっており、雑草の伸びている場所。

草だらけ

防草緑化シートの施工例

胎内市リップル

防草緑化シートにより、見た目も綺麗に、またお手入れも簡単になりました。

■施工前
胎内リップル防草緑化シート施工前
■施工後
胎内リップル防草緑化シート施工後

新潟県内国道7号線緑地帯

交通量が多く手入れが大変な場所でしたが、メンテナンスフリーの防草緑化シート施工により人が手をいれる回数が各段に減りました。また背の高い草が生えにくい環境になったことにより、ドライバーの視界の確保にも役立ちます。

■施工前
国道7号線防草緑化シート施工前
■施工後
国道7号線防草緑化シート施工後

長岡浦佐堤防緑地帯

蔦に覆われて、地面の場所がわからなくなっていたところ、わかるようになりました。

■施工前
長岡浦佐防草緑化シート施工前
■施工後
長岡浦佐防草緑化シート施工後

屋上緑化用苔マット Moss・G・mat(モス・ジー・マット)について

新潟の屋上緑化なら皆建のモスマット

Moss・G・mat(モス・ジー・マット)とは

屋上緑化用苔マット Moss・G・matは、屋上等に施工するための緑化用苔マットです。Moss・G・matを屋上に施工することで二酸化炭素の排出を減少、夏場の建物内の気温上昇を抑えることが可能です。また、冬場もMoss・G・matがあることで雪が直接建物にあたる面積が減り、暖房後の室内の暖気が逃げにくくなるというメリットもあります。Moss・G・matに使用される苔はスナゴケ。スナゴケは環境適応能力が高く、-20℃から70℃の範囲で生育が可能とされています。また、屋上緑化以外にも、駐車場や道路わきの緑地帯に施工することで、防草効果もあり毎年の雑草除去にかかる時間や費用を抑えることが可能です。

平成24年度「Made in 新潟」技術登録/建築部門:24K2001 商品名:苔シート(moss.G.mat)
平成25年 実用新案登録済 第3187614号

スナゴケについて

新潟の屋上緑化なら皆建のモスマット、スナゴケ

スナゴケの特徴

  • 直射日光に強い
  • 肥料が要らない
  • 自然降雨のみで生存
  • 乾燥に強い
  • 気温適応能力が高い
  • CO₂を固着

スナゴケは、直射日光に強く、乾燥しても仮死状態となる事で生命を維持する為、枯れるということがありません。また、水分に関しても灌水設備を設ける必要もなく、自然の降雨のみで充分です。自重の約20倍の保水力があるといわれています。また、無機質な基質基盤で生育することから、あえて土壌の必要はありません。環境に対しての適応能力が強く、-20℃から70℃の範囲で生育可能とされています。苔は一般植物と異なり、極めて貧栄養な状態で生育し、分解・腐食しにくく、生命を数十年単位で維持するため、枯れた様に見えても仮死状態となってCO₂を体内に蓄積したままゆっくり堆積層を形成、徐々に炭素濃度が増して泥炭化してCO₂を固着、外気にCO₂を排出しないとされています。

屋上緑化(Moss・G・mat)による地球温暖化防止策

現在、地球温暖化の影響で異常気象による災害が多発しており、日本をはじめ世界各国で地球温暖化防止対策のための様々な事業展開が行われています。地球温暖化の原因の中でも、CO₂の増加による温暖化は大きな問題となっており、日本では特に都市部のヒートアイランド現象が問題とされています。そのため、近年、花壇の設置や、植栽、生垣の設置、また土壌が少ない都市や地域では、屋上等の緑化の重要性が高まっています。その屋上緑化においてメンテナンスフリーなMoss・G・mat(モス・ジー・マット)は、地球温暖化防止策の非常に有効な手段として注目されています。
earth

 

Moss・G・mat(モス・ジー・マット)の施工例

胎内市 市役所上下水道課屋上

平成25年11月施工完了いたしました。屋外、屋内に温度計測チップを設置、試験データを採取しています。

■施工前
胎内市上下水道課モスマット施工前
■施工後
胎内市上下水道課モスマット施工前

胎内市学校給食センター屋上緑化工事

胎内市学校給食センター屋上にMoss・G・mat(モス・ジー・マット)を施工しました。子供たちの大切な給食を作る施設のエコに、役立ってくれることを期待しています。

■施工前
胎内市学校給食センターモスマット施工前
■施工後
胎内市学校給食センターモスマット施工後
防草緑化シート、Moss・G・mat(モス・ジー・マット)についてお問い合わせは、【株式会社 皆建】までお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP